CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
◆非凡だから決断できたのではなく、決断できたから非凡なのだ

この連休はまた雪模様〜さすがにもういいや、という感じ。

それでも山陰地方は、雪の山は越えて、今週は

晴れ間も見えそうな感じ…。

 

それでもまだ、幹線道路から一本裏道に入ると、

溶けかけた雪がまた、朝晩の低温で凍って、

デコボコな道になっているので、車で走るのはまだ怖いです><;

 

そんなわけで、せっかくの三連休なのに、義母との買い物と、

夫のキーボードを取りに行ったほかは、ほぼ家の中。

いつもは出たがりの夫も、新調したキーボードで遊んでいるので

静かな休日でした。。。

 

そんな中の楽しみは…やっぱりオリンピック!

まだ始まったばかりだけれど、やっぱり世界最高峰の

運動神経が見れるので、母国の結果も気になるけれど、

全員のパフォーマンスに感嘆、感嘆…です@@!

 

なかでも睛沙羅ちゃん…金メダルではなかったので

ご本人はちょっと残念だったのかもしれませんが、

見ているだけの側としては、普通に嬉しいです><;

 

それにしても、一つのことに秀でた人は、

凡人のように、あれか、これか、と悩むことはない

と思っていたのですが、全然違いましたね…@@!

 

沙羅ちゃんも、あとスピードスケートの睫敞帆さんも、

幼いころから、複数のスポーツや芸術、勉学にも優れ、

何を選んでも、それなりに成功しそうな人たちなのですね@@!!

 

それなのに欲張らず(笑)、一つの道を自分で選んで、

選んだからには、他のものをすべて選んだ道のために調整し、

結果を出して、それにも満足せず…><;

 

非凡だから決断できたのではなく、決断できたから非凡なのだ、

と思いました。

あ〜今頃気づいてもね…。

 

息子には、一つの道を決断して、非凡でなくてもいいから、

自分に嘘のない、幸せな道を歩んでほしいな、と思います。

 

オリンピックはまだまだ続きます。

今回、思ったような結果にならなかった方も、

立派なオリンピアンには変わりないです。

 

選んだからこそ、失敗もあって、

失敗もせずに、選びもしなかった人には、

味わうことのできない気持ちを味わったのですね。

 

オリンピックは、選ばれた人のお祭りですが、

見ている側にも、いろいろなことを教えてくれる場

でもあります。

若い人にも、ぜひ、オリンピックのドラマを見て、

自分の選択と決断を振り返ってほしいと思います。

 

 

 

| 日々の想い | 12:02 | comments(0) | - |
◆息子、四学期の試験終了〜春休みへ

雪に翻弄された一週間を終えて…ほっとするのも束の間、

また連休は雪になりそうです…><;

 

土曜日恒例の義母との買い物を終えて帰るとき、

息子の出身中学の、入学前保護者会があったみたいで、

家の近所の幹線道路は大渋滞!

 

ただでさえ、雪に何日も閉じ込められて、

やっと買い物に出れる程度の道路状態になったので、

多くの人が買い出しに出かけて帰る途中の

土曜日の昼下がり…><;

 

田舎なので、天気が良くても悪くても、

たいていの人が車ででかけるので、こういう学校行事などの

ときは、一斉移動で大渋滞です。

 

それでとうとう、幹線道路を外れて裏道を通ったのだけど、

こちらは先日来の雪で、道路がデコボコで一苦労。

いつもの倍の時間(といっても数十分なのですが^^;)

かけての帰宅になりました。

 

北陸のほうでは日にちをまたいでの交通渋滞で、

大変な思いをされたというのに、たった数十分でも、

渋滞にまきこまれて、イライラしてしまいました。

 

こういうときは、息子のいる地方は、

西日本なのですが、おそらく本州でもかなり、

雪が降ることが少ない地方です。

なので、寒いけれど、自転車でどこへでも行けて

いいな…と思います。

 

その息子も、昨日で一回生の試験がすべて終わり、

おそらく無事二回生になれる模様です。

春休みは、ちょっとのんびりしたり、バイトをしたり、

アイドルのコンサートに行ったり…好きにすごすのでしょうね。

 

こちらには3月に帰ってくるようですが、

あまり家に居ることもないと思います^^

浪人した友達が、おそらく合格しているので、

お祝いの席もあるかもしれません。

 

息子には会いたいけれど、夏に帰ったとき、

やっぱり夫と二人のときとは、リズムが違うので、

私も自分のやることをしっかり意識して、

息子のペースに合わせすぎないようにしないといけない、

と思いました。

 

実際、もう食事と洗濯以外は、息子が帰ってきて、

私が息子のためにすることはなく、

それも息子だけのためにするのではなく、

あくまでも夫と私の家事のついでです^^

なので、時間も内容も、夫と私の都合のままです^^

 

夏休みに運転免許もとってしまったので、

いずれは「送り迎え」という用事もなくなる予定です。

まあ、家に居る時から、息子のためだけに、学校や部活で

送り迎えすることはほとんどなかったのですが…。

 

この一年で、息子も一人暮らしにすっかり慣れたでしょう。

あと三年間、大学の学問をベースに、

いろいろなことに挑戦して、経験を積んで成長していって

ほしいものです。

 

そのためには、あまり手出し口出し、しないことですね。

まあ、私も歳とともにいろいろなことがおっくうになって、

もうあまりうるさく言う元気もないのですが^^;

 

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

 

| 子どもの勉強 | 16:35 | comments(0) | - |
◆また雪の週末〜雪の中、買い物へ

昨日の土曜日は、午前中雪のちらつく中を、

夫と二人で義母を拾って買い出しへ。

いつもは夫に一人で行ってもらうのだけど、

今回は、私の車で、私が運転して行きました^^

 

夫が行けない時や、平日の義母の通院のつきそいに

そなえて、私も義実家に車で行くのに慣れていたほうがよいかと。

やっと重い腰を上げて、実行に移しました^^

 

車が小さいので、車庫入れなどは思ったよりスムーズで、

何もなければ、大丈夫かな、と予行練習で自信がつきました。

まあ、雪があまり積もったら無理なんだけど。

 

次回は、買い物の後、病院まで行く練習だな…^^;

義母のかかりつけの病院は、夫でさえ、車庫入れで

こすったことのある駐車場なので、ちょっと難関。

でも、やらないとね!

 

そして日曜日は、夫の念願の新しいキーボードを購入しに、

これまた雪の中、出かけました^^;

備品など含めると、けっこうな額なのですが、

夫にとって大切な趣味なので、フンパツしました^^;;;

これはまた届いたら連絡するとのこと。

 

パソコンの方が先かと思っていたけれど、

職場の先輩から、バンドに誘われたようで、

学生時代以来のバンド活動を始めたいとのこと@@!

夫、固い大学出身なのですが、学生時代の部活は

軽音楽部なので…^^;;;

 

息子も夫も、実姉も…好きな趣味を始めたり、

再開したりして楽しそうなので、私も春から、

何か始めようかな、と思いました^^

 

それにしても…今年は、雪、雪、雪!

そんなに出かける用事はなくても、もしもに備えて、

車が出せるようにしておかなくては…なので、

私の車だけでも雪下ろしをしなくては、です。

 

北陸・東北の方に比べれば、まだかわいい量なのでしょうが、

あまり慣れていないのもあって、要領も悪いです><;

 

…がんばりましょう…;;

 

 

 

JUGEMテーマ:家庭

 

 

| 家族のこと | 20:41 | comments(0) | - |
◆あっという間の一回生修了〜^^;;

今週末もまた、山陰地方にしては珍しい大雪!

毎回書いているのですが^^; 同じ日本海側でも、

北陸・東北地方に比べると、格段に雪の少ない

山陰地方なのに、ここ2〜3年、年に3〜5回は

車の運転が心配になるほどの積雪があります。

 

今回の寒波は、西日本の太平洋側でも降雪が…

とニュースで知ったので、さっそく息子にLINEしたら、

瀬戸内側は、寒いけれど雪は降っていなくて、

よく晴れているとのこと!…でも寒いそうです^^;

 

狭い日本列島なのに、ほんとうにお天気が違いますね@@!

東京も、首都圏が降雪があるときはトップニュースで扱うけれど、

地方の豪雪は他人事…これもいつも言っていますが^^;;;

 

それにしても心配なのが、受験のときの降雪!

もうわが家はすぎてしまいましたが、これこそやっぱり、

他人事とは思えません!

 

特に地方出身の受験生は、移動手段が限られるので、

お天気によっては、前泊を前々泊に変更したり、

交通機関を変更したり、ホテルの予約をを取り直したり…

親御さんの苦労がよくわかるだけに

 

「もう雪降らないで〜〜!」

 

と思わずTVに向ってつぶやいてしまいました…ーー;

まあ、できる親御さんは、こういうことも想定して、

すでに万全の態勢で臨んでおられるでしょうが…

わが家のように、何事も後手後手な家は、

去年の今頃はバタバタでした><;

 

2月末の国立前期の二次試験の折は、

週間天気予報を見て、「大丈夫だろ〜」とのん気な

夫と息子の意見を振り切って、私の一存で、

あわてて、前泊を前々泊に変更したのですが、

結局お天気的には不要になってしまいました^^;;;

 

それでも、直前に夫がインフルエンザに罹患したので、

少しでも早く家を離れて現地入りしたかったのと、

「ホテルに慣れることができた(息子談)」ので

前々泊でよかったのかな、と自画自賛^^;

 

それにしても、あれからもう1年が経つんですね…

ほんとに早いものです。

息子と一緒に緊張しながら、インフルの夫を家に残し、

 

「絶対、とってくるぞーー!!」

 

と「私が」息巻いて出かけた二次試験。

午後6時までかかって、試験終わりのサイレンを聞いたとき、

なんだか、涙ぐんでしまいました><;

 

そして、それももう思い出になりました。

他の大学の友だちは、もう学年末試験が終わっている

ところが多そうだけど、息子の大学はあと少し、

週明けまでかかるそうです。

 

息子は、この一年を、どんなふうに振り返るかな?

行きたい大学に入学できて、希望していた学問に触れて、

やりたかったサークルで楽しく活動して、

好きなアイドルのコンサートに行って。

…たぶん、そんなに悪い一年ではなかったのでは、

と思います。

 

長いようで短い、大学四年間。

夫や私が後悔していることを、後悔しないように、

悔いのない大学生活を送ってもらいたいです。

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

| 子どもの勉強 | 11:34 | comments(0) | - |
◆去年の今頃は…受験生、がんばれー!

三連休の中日、良い天気だったので、

初詣に出かけてきました。

 

お詣りしたのは、一畑薬師様。

目の薬師様なのですが、いつもと変わらず?

世界平和をお祈りしてきました。

 

そして、楽しみなのは御朱印^^

ここは何種類かパターンがあるのですが、

一番オーソドックスなのにしてもらいました^^

…よく分からなかったので…^^;;

 

お詣りのあとは、こちらのオリジナルの?番茶と、お香を購入^^

お守りは…夫に相談したら、「たくさんあるからいい」って^^;;;

たしかに、私は神社やお寺にお詣りするたびに

頂いて帰るので…;;

 

それでなくても、昨年は息子の受験があったので、

夫は出張さきの東京で湯島天神まで出かけてくれたり、

仲良しの友だちから、吉備津神社のだるまさんをいただいたり、

神棚の前が、とっても賑やかになりました^^

 

そして、その神棚も、最近お掃除していない…

年末にやろうと思って、お札置場とか、買ったのに><;

ほんとに、無言無実行はいけませんね…。

 

帰ってからはゆっくりと、DVDなど見てそのまま昼寝。

…なんと優雅なんでしょう。

夕方は、こうして、夫は作曲、私はブログを書きつつ、

読書しつつ…夕食準備とほかの家事。

 

息子ブログなのに、離れているので、こうして

ネタの無い日が、今年も多くなりそうです^^

もうすぐ一年生も終わり。

息子にとっても、私たちにとっても、

あっという間の一年でした。

 

今年は、息子のところも含めて、もう少し、

旅行をしたいな、と思います。

もしかしたら、そんなに自由に動ける日も

私が思っているほど残っていないのかもしれないし…

不吉なようだけど、先のことは誰にもわかりません。

 

親たちのことはもちろん、自分たちの始末も、

いつでもOKなように、日々準備しておく必要があることを

強く思ったお正月でした。

 

もちろん、やりたいこと、楽しいことも、

いつかは…ではなく、思いついたときに、

なるべく早く、やっておいたほうがいいですね。

後悔しないためにも。

 

実母や義母の家を見て、ゴミ屋敷…と思っても、

自分だって、その予備軍だということは

使わない部屋が物置化していることに現れています。

 

親とはいえ、他人のことをとやかく言う前に、

まずは自分のことをきちんとしなければ、と思った次第。

なにごともまずは、自分から。

 

よいこと・楽しいことも、努力がいることも。

さあ、あと休日は一日!

…まずは楽しむぞ!

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

| 子どもの勉強 | 15:32 | comments(0) | - |
◆大学生の息子がやってきた、おけいこごとの反省…

あっという間に年末年始が終わり、

今年も始まりましたね〜^^

 

年末年始、息子が帰省してきて、また少し、

大人になったな…と感じました。

来年の今頃は、いよいよ成人式、です…><;

 

ほんとに早いものです。

この子育て?ブログも、息子が小学校低学年から

書き初め、すでに10年以上が経ちました。

 

自分ではあまり読み返さないのですが、

(バカ親ぶりが我ながらなさけないので…)

たまに検索されてこのブログを読んでいただいている

様子に触れると、少しでも誰かの気休めになっていれば

本望です…^^

 

このブログで、息子が英語を習っていたことを

書いてきましたが、それも最終的には、

先生やその団体の人間関係になじめず、

途中で辞めてしまったのですが、息子が先日、

大学のサークルで、小学生たちと遊ぶ機会があって、

 

「なんでこんなに違和感ないのかな…」

 

と思ったことがあったそうで、息子はそれを

英語で縦割りの活動をしていたからかな、

と言っていました。

 

一人っ子の息子が、小中学校の間に、

縦割り年齢の活動をする、英語やサッカーを

やっていたことは、親が思っているほど、

無駄ではなかったのかな…とちょっとほっとしました。

 

以前にも書いたかもしれませんが、

息子は一人っ子の割には、人とのコミュニケーションが

苦手ではありません。

 

こう書くと、一人っ子に対する偏見かもしれませんが…。

息子はもともとの性格は、みんなで何かをするより、

一人でじっくり何かをするほうが好きなタイプだと思います。

それに、一人が普通なので、誰かと一緒に何かをしないと不安、

ということがありません。

 

誘われたら、一緒に授業に出たり、学食に行ったりするけれど

一人でも全然平気、むしろ楽、とも言っていました。

一人暮らしも、最初から、不便だとは思っても、

淋しいという気持ちはなかったそうです@@;

 

大学でも、一人っ子だと言ったら、

「え?そうなんだ!」と意外がられるようです^^;

 

もしかした息子があまり一人っ子らしくないのは、

私が息子の嗜好や個性を無視?して、

英語やサッカーなど、人とのコミュニケーションを

必要とする活動させたからかな、と思います。

 

しかし、英語もサッカーも、決して息子は得意でもないし、

特に好きでもなかったと思います。

なので、親としての後悔は、もうちょっと

息子が好きで得意なおけいこごとやスポーツを

見つけてあげたかったな、ということです。

 

まあ、田舎だから選択肢も限られるのですが…

 

しかし、先日帰省した息子とこの件を話してみると、

意外にも、息子は両方とも、「やってよかった」

と言っていました。

 

その理由は、英語は、今いる大学でも、

特に勉強しなくても、上位のクラスに居れるし、

ホームスティをしたおかげで、外国の人に対して

必要以上に苦手意識がない、と。

 

サッカーも、こんな激しいスポーツをしなかったら、

今ほど体力もないだろうし、足も速くならなかった、と。

そして部活の友だちとの出会いも無かった、と。

 

まあ、私に対する優しさも半分入っているのでしょうが、

親としては、何より、

 

「苦手なことも、続ければそれなりに、よいことがある」

 

ということを、無意識のうちに、体得できたことが、

息子を強くしてくれたかな…と無理やり思うことにしています。

 

それにしても…英語のおけいこごとは、一番のネックは

先生や親との人間関係だったりします。

本筋とは別のところで、親も子も、

エネルギーを使わなければならなかったので、

もっと早く辞めるべきだった…と後悔しています。

 

今の相撲の騒動もそうですが、

わずかな人間の自己満足な理想や、利権・プライドに

振り回されるのは、いつも現場の人間、

弱い立場の子どもたちですね…。

 

狭い団体というのは、トップの人の考え方や

感情や価値観で、すべてが決まってしまいます。

それに合わせられる人はよいのかもしれませんが、

合わせられない人にとっては、とても辛い場所になります。

 

そして一番辛いのは、同じ立場の人が、

上を恐れてか、自分に関係ないからか、

それまであんあに「みんな家族、一生の仲間」と言っていた人が

助けてくれずに、みんな離れていってしまうことです。

 

息子も、あんなに長く在籍したのに、

英語の友だちで残っているのは、たった一人だけです。

 

その子も、あまりその団体に染まっていなかった子ですが^^;

先日も、九州に行ったときに、一緒にご飯を食べた、

と嬉しそうに言っていたので、母としては

一人でも友だちと呼べる人が残ってくれて、

よかったな〜と思います。

 

学校でも、こういうことは普通にあることですよね…。

しかし、自分にとって合わない場所に居ると、

どういうことになるか、ということを学校以外で知ったことも、

息子にとってよかったかな、と思います。

 

しかし、これからは、あまりお人よしではだめだけれど、

自分と考え方や価値観の違う人とも

上手く共存していける人間に、このまま

成長していってほしいな…と思います。

私のような、気短なくせにお人よしな人間は、ダメですよ(笑)

 

親の私が思っている以上に、息子は

優しかったり、強かったりするのかな、と

今回の帰省で感じました。

 

…やっぱり今年も「バカ親」健在、です…;;;

 

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

| 冬休み | 10:48 | comments(0) | - |
◆大学受験のためのお助けブログ、ご紹介^^

12月に入って、寒い日々が続いています…。

受験生のみなさん、親御さん、風邪やインフルエンザの心配、

成績の心配、受験やその後の大学生活の準備など、

心休まる時間が少ないのではないかと…お察しします><;

 

わが家も去年の今頃は…と思い出すのですが、

そこまでキリキリになったかしら…逆にわが家の場合、

もっとキリキリすべきだったのでは…と

例によって「ああすれば」病にかかっています^^;

 

昨年、息子が受験のときに、ずっと読ませていただいていた、

先輩ママ友(面識はないのですが^^;)のブログに

今年も受験生の親御さんが、具体的な情報を求めて

メッセージを寄せられているのですが、それを読んで、

 

「私はこんなに情報を集めてなかった…

 親として、必死さが足りなかったのでは…」

 

と思ってしまいました><;

そのブログは↓

 

二浪日記

 

なのですが、ブログ主さんの実際の受験体験記だけでなく、

そこに寄せられた、全国のママたちの声が、

実際の情報としても、親としての心構えとしても

とても支えになりました。

 

どちらかといえば、理系の方、そして優秀なお子さんの

親御さんの参加が多い感じですが、

先日、息子の大学(地方の大学です^^;)を志望されている

お子さんの親御さんが情報を求めておられたので、

私もメッセージを送らせていただきました^^

 

そこで、他の読者さんの投稿も拝見したのですが、

同じ志望校を受験した親でも、私のように

感覚で「こんなもんか…」と思って決めた親子は少数ですね^^;

そして、そういう親の提供する情報は、

情報の質として薄く、実際問題、役に立たない…ーー;

 

しかし、子どもさんと一緒に、いろいろなパターンの受験方法を

調べられたり、その大学の研究内容や、卒業後の進路、

大学院や留学のことまで、きちんと把握されている…

そんな親御さんも多くおられるのです…@@!

 

なので、ほんとうに、受験案内や高校・予備校の情報以上の

生の情報を得ることができる場でもあるので、

ブログ主さんは「愚痴でOK! お気軽にメッセージを」と

言われているのですが、情報の質の高さに、

助けられる方も多いと思います。

 

しかし、受験は毎年変化しますよね。

偏差値はもちろん、合格最低ラインや出題傾向、

受験科目が変わる場合だってあるでしょう。

 

ブログ主さんは、そのあたりも心得られていて、

ブログ内で紹介された情報をうのみにせずに、

読まれた方が自分の手で情報の真偽を確認した上で

正しい、最新の情報を入手することをすすめられています。

 

なので受験は情報戦、ということを、

過ぎてみた今になって、つくづく感じます。

これから受験を迎えられる方は、

わが家のように、適当家族にならないように、

今の成績だけでなく、入学後のこと、卒業後のこと、

様々考えて、入念な準備をされることをおすすめします^^;

 

文理の選択から始まって、受験科目の選択、

志望校の選択、受験の宿の手配、入学後のアパートの

予約、インフルエンザの予防接種、奨学金の申し込み…

…すべてに後手後手だったわが家。

 

一人息子なのに…もっとしっかりフォローすべきでした^^;

みなさまは親としての後悔のない受験期を、

送られることをお祈りしております。。。

 

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

 

| 学校生活 | 11:10 | comments(0) | - |
◆1泊2日で息子が帰ってきた〜^^/

先週末は寒中暖あり?という感じの、寒さも中休みでした^^

木曜日に、予約していたスマホの機種が入荷したので、

週末帰って来る!と息子からLINEあり^^/

 

しかし、3学期の試験真っ只中なので、大丈夫か〜?!

と問いかけたところ、試験科目が少なくて、

金曜日にほとんど終わるから大丈夫、との返事。

 

ほんとか〜?! と思ったけれど、

義姉一家との会食も予定されていたので、

ちょうどいいし、何より息子に会いたいし、

やっぱり帰ってきてくれるのは嬉しい…と思った。

 

金曜日の夜帰ってこれたらベストだったのだが、

土曜日に補講があるとかで、土曜日の夕方にバスで着。

迎えにいったら、夏ほどではないけれど、

髪が長くなっていておかしかった(笑)

 

帰ってからはすぐに支度して義姉との食事会へ。

久々に従兄弟とも会えて、先輩としての話も聞けてよかった。

 

いつものフランス料理のお店なのだけど、

人数が多かったせいか、ちょっと雑な感じがしたのは

気のせいか…? メインとデザートはよかったけれど、

前菜と魚料理が今一つだった。

 

それはまあいいとして…翌日曜日も息子は大忙し。

午前中は、カットを予約していて、「おそ松さん」から

韓流イケメン?に変身@@!

わが息子ながら、いまどきの若者だな〜と感心。

 

そして午後からはメインのスマホ機種変更。

夫が昨日から、出張の疲れか風邪気味だったが、

夫名義なので私が替わるわけにもいかず、

2時間ほど、出かけて行った。

 

その後、息子は浪人中の友だちと、

スーパーでバッタリ会ったので少し話した後帰宅。

早めの夕食をとった後、バスの時間まで、

英語の課題にとりくんでいました^^;

 

そして夕方、息子はまたバスに乗って、

学校のある街へ帰っていきましたとさ。。。

 

ほんとに、好きなことだけは全力で、

しかも段取りも自力で完璧。それにしても、

月曜日の試験は大丈夫だったんだろうか…

英語の課題は出せたんだろうか…

機種変更した後の、携帯料金って、一体いくらに

なるんだろう…いや、もう考えまい…><;

 

とりあえず、元気な顔を見れて、

息子エネルギーがチャージされたので、

私もそこそこ元気になりました^^/

 

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

| 学校生活 | 11:37 | comments(0) | - |
◆いきなり寒い!〜本当の自分の気持ちを見つめたい…

今日はいきなり寒くなり、早々に予約していた

冬タイヤへのタイヤ交換、どんぴしゃ?のタイミングでした。

平野部への積雪はまだまだ先な感じの山陰地方ですが、

早朝、あられがぱらついたり、雨でも朝夕は路面が凍ったり、

そこそこ厳しくて暗い山陰の冬が始まりました…><;

 

ほんとだったら、今日あたり息子が帰って来る

予定だったのに…とまだぐじぐじしているのですが、

時間は止まってはくれません。

日々の家庭生活を回していく主婦としては、

せめてその役割を全うしなければ、です^^;

 

年末が近づくと、自然と一年を振り返り、

毎年のことながら「あ〜あれもやらなかった」

「これも先送りだった…」とネガティブな

反省ばかり…。

新聞で、元プロテニスプレイヤーの杉山愛さんが引退後、

やりたいことを百個書いて、それを一つずつ実現していった、

と話されていて、なるほど…と思ったので、

これはやってみよう、と決意。

 

ちなみに愛さんは、一番最初に「結婚」二番目に「出産」

だったそうで、今はもう、実現されています^^

 

これをやるとき、やはり、自分正直になることがポイントかも

しれません。もちろん、「やらねばならない」ことも

たくさんあるのですが、それは「やりたいこと」と

必ずしもイコールではないですよね…。

 

どうしても、自分のプライドや、他人に対する見栄、

世間体などが壁になって、本当の自分の気持ちを

案外、見ていないのだと思います。

根がわがままで、自分にウソががつけない私ですが、

それと同時に、意味のないプライドがあって、

自分に対するイメージを固定化していたり、

選択肢を狭めたりしているのかもしれません。

 

本当に正直に、素直になって、今の気持を見つめる…

まずはそれが大切なのかもしれません。

 

今の時間を後悔しないように、せいいっぱい。

まだまだあきらめる歳じゃない!

 

こうなったらいいな、とイメージしたことが

現実になるって言うし。

言葉にしたことが実現するって言うし。。。

 

今一度、内省、してみます。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

| 日々の想い | 11:42 | comments(0) | - |
◆あれからまだ一カ月なのに…息子ロス><;

久々の日記です。

10月の連休に息子に会いに行ってから、

早?ひと月経って…早くも息子ロス…><;

 

もう、夫からはあきれられ、友だちにも言えないし、

見かねた?友人が仕事を紹介してくれるのも断り、

空の巣&引きこもり生活まっしぐら…な毎日です^^;

 

特に、この仕事の話に関しては、かなり自己嫌悪な

結末だったので、ここに書くのも恥ずかしいのですが、

要するに、自分が何もできなくなってしまった、

(元から、そんなにできることは多くなかったのですが)

ということを再確認することになり、暗澹とした気持ちに。

 

加えて、夫が長期(といっても一週間ほど^^;)の

出張に出かけたので、余計に、

「このまま何者でもないまま、老いて一人になるのか…」

と感じたり、かなり重症な空の巣症候群。

 

息子も、10月の終わりに、新しいスマホが発売されるときに

機種変更のために(まだ未成年でスマホの名義が父親なので)、

帰省すると言っていたけれど、欲しいスマホの入荷の

タイミングと、大学の休みのタイミングが合わず、

のびのびになっていて…><;

 

つくづく、すっかり私が家族依存の人間になっていたんだな、

と、ほんとに遅まきながら痛感した次第。

細々とやっていた自営?の仕事も、

最近は先細りで、新しくテコ入れする気力もわかず、

そのままになっています。

 

昔読んだ本を、たまたま読み返してみて、

あ〜こういうことだったのね…と思ったのは、

基本的に、自分以外の誰かから、エネルギーを奪うことで

自分のエネルギーを補充する生き方は、

結局、他人次第、自分以外の状況次第の生き方なので、

常に根本的な不安から解放されることはないのだと。

 

これは単に、経済的な、あるいは生物的な依存、

ということと必ずしもイコールなことではなく、

たとえ、経済的に自立していたとしても、

本来的にそれが自分の本質から出ているものでは無ければ

いわば「経済に依存している」ことになる…。

 

要するに、自分の本質の部分を理解して、

しかも他者を踏み台にしない生き方をしないと、

いつも不安定な生き方しかできないことになる。

 

もちろん、人は独りでは生きられないから、

何らかの形で、人とつながって、助け合って

生きて行くほかないのだけれど、そのバランスが

フェアでないと、いつかはエネルギーの奪い合いになり、

お互いの存在まで否定するところまで行きつく。

 

誰が、そして何の基準でフェアかどうかが決まるのかは、

まだよく分からないけれど、自分で今の自分について

「何か違う…」と思っているなら、

生き方を少し変えたほうがよいのだと思う。

 

なので…自分の本質を探して、もう少し、

あがいてみようと思った週末です。

夫や息子にも、カッコ悪いけれど、

フェアな生き方をしている私を見てもらいたいし…。

これも依存なのかな?

 

とりあえず、不安なときは、誰かと一緒にいるより、

一人で何かに挑戦するために行動したほうがよい、

という確信だけは心にあって。

 

今年もあと1ヶ月と少し。

よいしめくくりにしたいです。

 

 

 

JUGEMテーマ:育児

 

 

 

| 日々の想い | 15:13 | comments(0) | - |
| 1/30PAGES | >>