CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
◆非凡だから決断できたのではなく、決断できたから非凡なのだ

この連休はまた雪模様〜さすがにもういいや、という感じ。

それでも山陰地方は、雪の山は越えて、今週は

晴れ間も見えそうな感じ…。

 

それでもまだ、幹線道路から一本裏道に入ると、

溶けかけた雪がまた、朝晩の低温で凍って、

デコボコな道になっているので、車で走るのはまだ怖いです><;

 

そんなわけで、せっかくの三連休なのに、義母との買い物と、

夫のキーボードを取りに行ったほかは、ほぼ家の中。

いつもは出たがりの夫も、新調したキーボードで遊んでいるので

静かな休日でした。。。

 

そんな中の楽しみは…やっぱりオリンピック!

まだ始まったばかりだけれど、やっぱり世界最高峰の

運動神経が見れるので、母国の結果も気になるけれど、

全員のパフォーマンスに感嘆、感嘆…です@@!

 

なかでも睛沙羅ちゃん…金メダルではなかったので

ご本人はちょっと残念だったのかもしれませんが、

見ているだけの側としては、普通に嬉しいです><;

 

それにしても、一つのことに秀でた人は、

凡人のように、あれか、これか、と悩むことはない

と思っていたのですが、全然違いましたね…@@!

 

沙羅ちゃんも、あとスピードスケートの睫敞帆さんも、

幼いころから、複数のスポーツや芸術、勉学にも優れ、

何を選んでも、それなりに成功しそうな人たちなのですね@@!!

 

それなのに欲張らず(笑)、一つの道を自分で選んで、

選んだからには、他のものをすべて選んだ道のために調整し、

結果を出して、それにも満足せず…><;

 

非凡だから決断できたのではなく、決断できたから非凡なのだ、

と思いました。

あ〜今頃気づいてもね…。

 

息子には、一つの道を決断して、非凡でなくてもいいから、

自分に嘘のない、幸せな道を歩んでほしいな、と思います。

 

オリンピックはまだまだ続きます。

今回、思ったような結果にならなかった方も、

立派なオリンピアンには変わりないです。

 

選んだからこそ、失敗もあって、

失敗もせずに、選びもしなかった人には、

味わうことのできない気持ちを味わったのですね。

 

オリンピックは、選ばれた人のお祭りですが、

見ている側にも、いろいろなことを教えてくれる場

でもあります。

若い人にも、ぜひ、オリンピックのドラマを見て、

自分の選択と決断を振り返ってほしいと思います。

 

 

 

| 日々の想い | 12:02 | comments(0) | - |
◆いきなり寒い!〜本当の自分の気持ちを見つめたい…

今日はいきなり寒くなり、早々に予約していた

冬タイヤへのタイヤ交換、どんぴしゃ?のタイミングでした。

平野部への積雪はまだまだ先な感じの山陰地方ですが、

早朝、あられがぱらついたり、雨でも朝夕は路面が凍ったり、

そこそこ厳しくて暗い山陰の冬が始まりました…><;

 

ほんとだったら、今日あたり息子が帰って来る

予定だったのに…とまだぐじぐじしているのですが、

時間は止まってはくれません。

日々の家庭生活を回していく主婦としては、

せめてその役割を全うしなければ、です^^;

 

年末が近づくと、自然と一年を振り返り、

毎年のことながら「あ〜あれもやらなかった」

「これも先送りだった…」とネガティブな

反省ばかり…。

新聞で、元プロテニスプレイヤーの杉山愛さんが引退後、

やりたいことを百個書いて、それを一つずつ実現していった、

と話されていて、なるほど…と思ったので、

これはやってみよう、と決意。

 

ちなみに愛さんは、一番最初に「結婚」二番目に「出産」

だったそうで、今はもう、実現されています^^

 

これをやるとき、やはり、自分正直になることがポイントかも

しれません。もちろん、「やらねばならない」ことも

たくさんあるのですが、それは「やりたいこと」と

必ずしもイコールではないですよね…。

 

どうしても、自分のプライドや、他人に対する見栄、

世間体などが壁になって、本当の自分の気持ちを

案外、見ていないのだと思います。

根がわがままで、自分にウソががつけない私ですが、

それと同時に、意味のないプライドがあって、

自分に対するイメージを固定化していたり、

選択肢を狭めたりしているのかもしれません。

 

本当に正直に、素直になって、今の気持を見つめる…

まずはそれが大切なのかもしれません。

 

今の時間を後悔しないように、せいいっぱい。

まだまだあきらめる歳じゃない!

 

こうなったらいいな、とイメージしたことが

現実になるって言うし。

言葉にしたことが実現するって言うし。。。

 

今一度、内省、してみます。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

| 日々の想い | 11:42 | comments(0) | - |
◆あれからまだ一カ月なのに…息子ロス><;

久々の日記です。

10月の連休に息子に会いに行ってから、

早?ひと月経って…早くも息子ロス…><;

 

もう、夫からはあきれられ、友だちにも言えないし、

見かねた?友人が仕事を紹介してくれるのも断り、

空の巣&引きこもり生活まっしぐら…な毎日です^^;

 

特に、この仕事の話に関しては、かなり自己嫌悪な

結末だったので、ここに書くのも恥ずかしいのですが、

要するに、自分が何もできなくなってしまった、

(元から、そんなにできることは多くなかったのですが)

ということを再確認することになり、暗澹とした気持ちに。

 

加えて、夫が長期(といっても一週間ほど^^;)の

出張に出かけたので、余計に、

「このまま何者でもないまま、老いて一人になるのか…」

と感じたり、かなり重症な空の巣症候群。

 

息子も、10月の終わりに、新しいスマホが発売されるときに

機種変更のために(まだ未成年でスマホの名義が父親なので)、

帰省すると言っていたけれど、欲しいスマホの入荷の

タイミングと、大学の休みのタイミングが合わず、

のびのびになっていて…><;

 

つくづく、すっかり私が家族依存の人間になっていたんだな、

と、ほんとに遅まきながら痛感した次第。

細々とやっていた自営?の仕事も、

最近は先細りで、新しくテコ入れする気力もわかず、

そのままになっています。

 

昔読んだ本を、たまたま読み返してみて、

あ〜こういうことだったのね…と思ったのは、

基本的に、自分以外の誰かから、エネルギーを奪うことで

自分のエネルギーを補充する生き方は、

結局、他人次第、自分以外の状況次第の生き方なので、

常に根本的な不安から解放されることはないのだと。

 

これは単に、経済的な、あるいは生物的な依存、

ということと必ずしもイコールなことではなく、

たとえ、経済的に自立していたとしても、

本来的にそれが自分の本質から出ているものでは無ければ

いわば「経済に依存している」ことになる…。

 

要するに、自分の本質の部分を理解して、

しかも他者を踏み台にしない生き方をしないと、

いつも不安定な生き方しかできないことになる。

 

もちろん、人は独りでは生きられないから、

何らかの形で、人とつながって、助け合って

生きて行くほかないのだけれど、そのバランスが

フェアでないと、いつかはエネルギーの奪い合いになり、

お互いの存在まで否定するところまで行きつく。

 

誰が、そして何の基準でフェアかどうかが決まるのかは、

まだよく分からないけれど、自分で今の自分について

「何か違う…」と思っているなら、

生き方を少し変えたほうがよいのだと思う。

 

なので…自分の本質を探して、もう少し、

あがいてみようと思った週末です。

夫や息子にも、カッコ悪いけれど、

フェアな生き方をしている私を見てもらいたいし…。

これも依存なのかな?

 

とりあえず、不安なときは、誰かと一緒にいるより、

一人で何かに挑戦するために行動したほうがよい、

という確信だけは心にあって。

 

今年もあと1ヶ月と少し。

よいしめくくりにしたいです。

 

 

 

JUGEMテーマ:育児

 

 

 

| 日々の想い | 15:13 | comments(0) | - |
◆大学生活、悔いないようにすごしてほしい…><!

6月らしい雨の週末…と思っていたら、もう7月@@!

そろそろ夏休み(息子の…^^;)の予定が

気になってきました…!

 

というのも…自分の大学生のときを振り返ってみて、

なんとも、もったいない時間の使い方をしたな…と

思うから。

 

私の場合、親の仕送りが少ないのをいいことに?

普段の学期中と同じく、バイトに明け暮れ、

いつも顔を合わせている友だちとだけつきあい、

夏休みのような長い休みだからこそできることに

時間を使わなさすぎたので…。

 

そのときはバイトをしなければ…と仕方ないと

思っていたけれど、お金はあとでも取り戻せる。

(ある程度は…ですが^^;)でも時間は

絶対に取り戻せない。

 

もちろん、時間をお金で買うこともある程度は

できるのでしょうが、若い時の時間を歳をとってから

…というのは不可ですね!

 

何でも、その時、その年齢、その立場でしかできない、

ということがあるものです。

そしてそのことは、過ぎてみないと分からないことが多い。

 

なので、息子には、なんとなく今の生活プラスアルファで

いいじゃん!…という私のような過ごし方はしてほしくないわけで。

まあ、失敗しないと分からないこともあると思うのですが、

言うだけ言おう、提案するだけ提案してみよう、

自分の失敗を切実に語ってみよう、と思います^^

 

そして何より、私自身が、そんなふうにすごさないように、

日々の暮らしもせいいっぱい楽しみながら(笑)、

先々の事、今しかできない新しいことに挑戦する姿勢を

忘れないようにして、実践することが一番の見本になるのでしょうね!

 

なんだかんだ言って、子どもは親の姿勢を見て

真似するように思うのです。

親より幸せになること、親より世の中で必要とされて

人の幸せに貢献できる人間になること。

 

もちろん、元気でいてくれるのが一番ですが、

元気でいられれば、またそれを社会に還元したいと思う

そんな気持ちを常にもっていてほしいものです。

 

LINEでの何気ない会話のなかでも、

少しずつ、伝えていければ…と思います。

 

今日から7月!

親もがんばるべ〜ですね^^

 

 

 

JUGEMテーマ:育児

 

 

| 日々の想い | 11:47 | comments(0) | - |
◆LINEはへその緒と同じかも…

先週末、息子のところへ行ったのが、

すでに一カ月前くらいに感じられるのは

どういう心理なのかな…?

 

うっとおしがりながらも、親を部屋に

泊めてくれるのは、まだまだそれなりに

絆があるからなのかな…と思いたい。

 

他の人がどうしているのか、身近にあまり

大学生の子どもがいるママ友がいないので(笑)

わからないけれど、わが家の場合は、

私が一日に一回か二回、朝か夜、

LINEを送ることにしている。

 

用事があるときは、もちろんその都度

送るけれど、用事がなくても、

一日最低一回はLINEを送り、返事を確認している。

返事、といってもスタンプのことが多いのだけど…^^;

 

それでも、そんなスタンプ一つでも、

「元気そうだな」とか「ちょっとお疲れ?」

「めんどくさそうだな」…微妙な表情を

読むことができる…まあ推測なんですが^^;

 

息子はもう、私のそばを離れ、

家を出て、半分自立しているけれど、

そんなLINEの小さなやりとりが

私と息子をつなぐ細いへその緒のように

かすかに、それでも確実に、つないでいる

文字通り緒のように思われる。

 

困ったことや、不安なこと、心配なこと、

日々出てきても、もうそんなに簡単には

「お母さん!」と連絡してくることは

ないのだから、余計に、何かあったとき、

プライドや恥ずかしさを捨てて、

連絡しやすいように、細い糸だけでも

つないでおきたい。

 

自分のことを自分で解決することが基本。

でも、ほんとうに誰かを必要としたとき、

誰も居ないと思っても、最後の一人として

息子の危機に立ち向かう防波堤になりたいのです。

 

過保護にならずに、見守ること…。

最後の一人の味方になること。

 

もう抱っこはできなくなったけれど、

気持はずっとかわらない。

気持悪いかな?

でも、いくつになっても大事な私の子どもです^^

守りたい!

 

 

 

JUGEMテーマ:育児

| 日々の想い | 11:56 | comments(0) | - |
★元女子会^^
今日は久々に朝から日差しが出てよいお天気^^
いろいろとやりたいことができそうで、
楽しい週末になりそうな予感♪

ところで、昨日は何年ぶりかで、
息子の幼稚園のときのママ友と女子会(笑)でした^^

お互い受験生の母なので、ブルーな気持ちをぐだぐだと…
仲良しなんだけど、やはりちょっとした点数の上下を
お互いけっこう気にしていたり…
勉強以外のことや、交友関係も含めて、
まあ、総合的にはプラマイゼロな感じ。

いつも学校なんかでちょこちょこ会っているけど、
よく考えてみれば、こうやって集まるのは
10年以上ぶり!

子どもたちももうそれぞれ別の親しい友だちがいるので、
めったに一緒に遊ぶことはありません。

それでも、子どもにとっては、
生涯で一番最初の友だちであり、
私たちにとっては、親になって初めての
友だちであることに変わりはないのですね^^

これからもずっと気にし合う友だちなんだろうな。
お互い、よいことも悪いこともともにしてきた仲間として。
そしてまたどこかで、何かを一緒にする日も
来るのかもしれない。

高校はたぶん同じ高校になるんだろうけど、
ますます交友関係は別になりそうな感じ^^

これからもお互い、この、よい距離感で、
意識しあいながら、いってもらいたいものです。


JUGEMテーマ:育児

 
| 日々の想い | 15:16 | comments(0) | - |
★あいかわらず軸はないけど〜お手紙書いたり…
中間テストも終わり、期末テストまでまだ間がある今日この頃…。
勉強も部活も、そして英語も、なんだか目標があいまい、
というか、みんなほどほどでなんだか軸がない感じ。

まあ、親である私の鏡が息子であれば、納得、なんだけど…><;

昨日は部活から帰って、午後はゆっくり。
そして夜は、久々にホームスティ先のホストブラザーに
お手紙を書いていた。

それも、私が

「そろそろ書いたらぁ〜」

と提案(催促)したから、重い腰をあげた…という感じ。

なんか、すべてのことに「心」がこもってないように思う、最近。
せめて、人とのつながりは大切にしようよ!と思うのだけど、
去るもの日々に…というのか、元々ドライなのか…。

あんなに仲良くしていたのに、あんなにお世話になったのに、
もう忘れたの?とわが息子ながら、なさけない!

落ち着いて?私自身の中2の頃を思い出してみると、
やっぱり気持ちは散らばっていたかな、という感じ。

将来のこと、というより、目先の学校生活の用事や
部活、友だちのこと、楽しみに心がいっぱいで、
ふわふわしておりました^^

それから、家や家族がうっとうしい、というのもたしかにあった。

幸い?わが親は、私のことより大変な重大事を抱えていたので、
こっちが手薄なのも、淋しくはあったけど、
友だちや好きなことに集中できたのはよかった…。

元気で、特に悩みも無くすごしてくれれば、それでOK、
なのだけど、やっぱり…二度と帰らない季節。
有意義に、できれば将来につながる何かを見つけてほしい。
…というのは親の勝手な思いなんでしょうか^^;

ずっと一緒に暮しているのに、案外、
一緒に何かをやった、ということをしてこなかったのかも
と反省。。。今さらながら。

部活も日の入りとともに早めに終わるようになったので、
秋の夜長、ちょっと歳時記的なことでもしてみましょうか。
やっぱり親の生活態度の反映以外の何ものでもないのだから…。



JUGEMテーマ:育児


 
| 日々の想い | 15:52 | comments(0) | - |
◆12歳の誕生日。とうとうこの日がやってきました。
7月9日はユウキ12歳の誕生日でした。
遅まきながら、しばらく前から、自分から親と離れて
自室で眠るようになっていたので、
誕生日の朝の様子を勝手に記念撮影^^;↓



どうやら前の日の眠る前に、
今まで楽しく遊んできた人形たちをみんな出してきて、
ふとんの周りにぐるりと配置したようです。
次の日にはすべて片付けていたので、
これでお別れ、のつもりだったのでしょうか。。。

学校でも、前の日の英語の時間に、
誕生日の話が出て、「僕の誕生日は明日です」と
先生に答えていたので、みんなが覚えていてくれて、
たくさんの人から「おめでとう」と言われたようで。。。
ありがたいことです。

親よりも少しは愛されキャラに育ったかなー
と嬉しく思います。
大きくなっても、周りの人と仲良く、
人に役立つ人間になってほしいものです。。。


JUGEMテーマ:育児
 
| 日々の想い | 09:51 | comments(0) | - |
◆やさしい言葉をかけてくれたら
昨日は夕方から急に私の体調が悪くなって、
夕食を作るのがやっと、お風呂は残り湯を抜いて、
ざっと洗って溜めるのがやっと…という状態で、
これはとうとうインフルエンザか!?と思い、
8時前に寝てしまいました><;

熱はなかったものの、頭が痛くて、
特に右目の奥のほうからの頭痛がつらかった…。
肌同様、眼も弱いので、疲れるとこちらにくることも><;
ご飯食べれば治るかな〜と思ったけれど、
吐き気もして、ご飯もたべられず。
最悪だ…寝ている間に眼底出血?で
死んだらどうしよう〜と思いつつも寝ました^^

寝るときに、息子が

「お母さん、しんどかったら僕を起こしてね!」

と、言ってくれて、おもわずジーン。。。
ま、起こしても起きないだろうし、
起こす気もないのだけど…。
嬉しかったです;;

朝起きてみると、多少違和感はあるものの、
起きてごはんも食べられそうな感じ。
ひとまず、ヨカッタ。

枕元には、日ごろかわいがっている?
クマの人形、「クマミ」と「クマエ」がゴロリ。
もしかして、自分のかわりに看病させていた?
息子の気遣い?に嬉しいやら可笑しいやらでした。

息子が具合が悪くなるのもつらいけど、
自分が具合が悪いのもつらかった…。
でも、一人でできることが増えて、
家族のことも思いやったり手伝ったりしてくれることも増えて、
やっぱり大きくなってるんだなーと実感。



JUGEMテーマ:育児
 
| 日々の想い | 11:12 | comments(0) | - |
一人っ子はやっぱり少し淋しい…
あけましておめでとうございます日の出
毎日少しでも、子育てをめぐる日々の想いを、
書き留めておきたいと思って始めた日記ですが、
後半は日々のあれこれに翻弄?されて、つい途切れがちに…。

たいしたことを書くわけではないのですが、
平凡ながらも大切な子どもとの日常を、
気負わず、今年もつづっていきたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたしますラッキー

ところで、お正月も昨日で終わり、
今日は仕事始めです。
といっても、子どもたちはまだ冬休み。
朝もゆっくり起きてきて、息子は今日もこたつで読書。
お正月とはうってかわって静かな時間が流れています。

というのも、お正月に私の実家で、
中学生・高校生のいとこのお兄ちゃんたちに、
ゲームや秘密基地ごっこでさんざん遊んでもらい、
夜は彼らといっしょに寝る!という始末…。
すっかり親のことなど眼中にありませんでした〜たらーっ

そして、いざ帰るときになったら、
ユウキ、すっかり元気がなくなって…。
帰りの車中では、一言もしゃべらないまま家路につきました。

しばらく前までは「きょうだいがほしい〜!」と、
事あるごとに言っていたのですが、さずがに最近は、
そうは思っても言葉にしなくなってきました。
このあたりも、言っても仕方がないという気持ちと、
親に対する思いやりなのかもしれません。

かわいそうだなーと思う気持ちはたくさんあるのですが、
それだからといって、甘やかすことなく、
一人っ子のよさも感じてもらいながら?
成長していってほしいな、と思います(そう思うしかないですねショック

幸い、いとこに限らず、性別年齢国籍あまり関係なく、
人と仲良くできるユウキ。
今年もたくさん、友だちと仲良くすごしてほしいなーと思います。
| 日々の想い | 10:56 | comments(0) | - |
| 1/3PAGES | >>