CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
◆息子、四学期の試験終了〜春休みへ

雪に翻弄された一週間を終えて…ほっとするのも束の間、

また連休は雪になりそうです…><;

 

土曜日恒例の義母との買い物を終えて帰るとき、

息子の出身中学の、入学前保護者会があったみたいで、

家の近所の幹線道路は大渋滞!

 

ただでさえ、雪に何日も閉じ込められて、

やっと買い物に出れる程度の道路状態になったので、

多くの人が買い出しに出かけて帰る途中の

土曜日の昼下がり…><;

 

田舎なので、天気が良くても悪くても、

たいていの人が車ででかけるので、こういう学校行事などの

ときは、一斉移動で大渋滞です。

 

それでとうとう、幹線道路を外れて裏道を通ったのだけど、

こちらは先日来の雪で、道路がデコボコで一苦労。

いつもの倍の時間(といっても数十分なのですが^^;)

かけての帰宅になりました。

 

北陸のほうでは日にちをまたいでの交通渋滞で、

大変な思いをされたというのに、たった数十分でも、

渋滞にまきこまれて、イライラしてしまいました。

 

こういうときは、息子のいる地方は、

西日本なのですが、おそらく本州でもかなり、

雪が降ることが少ない地方です。

なので、寒いけれど、自転車でどこへでも行けて

いいな…と思います。

 

その息子も、昨日で一回生の試験がすべて終わり、

おそらく無事二回生になれる模様です。

春休みは、ちょっとのんびりしたり、バイトをしたり、

アイドルのコンサートに行ったり…好きにすごすのでしょうね。

 

こちらには3月に帰ってくるようですが、

あまり家に居ることもないと思います^^

浪人した友達が、おそらく合格しているので、

お祝いの席もあるかもしれません。

 

息子には会いたいけれど、夏に帰ったとき、

やっぱり夫と二人のときとは、リズムが違うので、

私も自分のやることをしっかり意識して、

息子のペースに合わせすぎないようにしないといけない、

と思いました。

 

実際、もう食事と洗濯以外は、息子が帰ってきて、

私が息子のためにすることはなく、

それも息子だけのためにするのではなく、

あくまでも夫と私の家事のついでです^^

なので、時間も内容も、夫と私の都合のままです^^

 

夏休みに運転免許もとってしまったので、

いずれは「送り迎え」という用事もなくなる予定です。

まあ、家に居る時から、息子のためだけに、学校や部活で

送り迎えすることはほとんどなかったのですが…。

 

この一年で、息子も一人暮らしにすっかり慣れたでしょう。

あと三年間、大学の学問をベースに、

いろいろなことに挑戦して、経験を積んで成長していって

ほしいものです。

 

そのためには、あまり手出し口出し、しないことですね。

まあ、私も歳とともにいろいろなことがおっくうになって、

もうあまりうるさく言う元気もないのですが^^;

 

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

 

| 子どもの勉強 | 16:35 | comments(0) | - |
◆あっという間の一回生修了〜^^;;

今週末もまた、山陰地方にしては珍しい大雪!

毎回書いているのですが^^; 同じ日本海側でも、

北陸・東北地方に比べると、格段に雪の少ない

山陰地方なのに、ここ2〜3年、年に3〜5回は

車の運転が心配になるほどの積雪があります。

 

今回の寒波は、西日本の太平洋側でも降雪が…

とニュースで知ったので、さっそく息子にLINEしたら、

瀬戸内側は、寒いけれど雪は降っていなくて、

よく晴れているとのこと!…でも寒いそうです^^;

 

狭い日本列島なのに、ほんとうにお天気が違いますね@@!

東京も、首都圏が降雪があるときはトップニュースで扱うけれど、

地方の豪雪は他人事…これもいつも言っていますが^^;;;

 

それにしても心配なのが、受験のときの降雪!

もうわが家はすぎてしまいましたが、これこそやっぱり、

他人事とは思えません!

 

特に地方出身の受験生は、移動手段が限られるので、

お天気によっては、前泊を前々泊に変更したり、

交通機関を変更したり、ホテルの予約をを取り直したり…

親御さんの苦労がよくわかるだけに

 

「もう雪降らないで〜〜!」

 

と思わずTVに向ってつぶやいてしまいました…ーー;

まあ、できる親御さんは、こういうことも想定して、

すでに万全の態勢で臨んでおられるでしょうが…

わが家のように、何事も後手後手な家は、

去年の今頃はバタバタでした><;

 

2月末の国立前期の二次試験の折は、

週間天気予報を見て、「大丈夫だろ〜」とのん気な

夫と息子の意見を振り切って、私の一存で、

あわてて、前泊を前々泊に変更したのですが、

結局お天気的には不要になってしまいました^^;;;

 

それでも、直前に夫がインフルエンザに罹患したので、

少しでも早く家を離れて現地入りしたかったのと、

「ホテルに慣れることができた(息子談)」ので

前々泊でよかったのかな、と自画自賛^^;

 

それにしても、あれからもう1年が経つんですね…

ほんとに早いものです。

息子と一緒に緊張しながら、インフルの夫を家に残し、

 

「絶対、とってくるぞーー!!」

 

と「私が」息巻いて出かけた二次試験。

午後6時までかかって、試験終わりのサイレンを聞いたとき、

なんだか、涙ぐんでしまいました><;

 

そして、それももう思い出になりました。

他の大学の友だちは、もう学年末試験が終わっている

ところが多そうだけど、息子の大学はあと少し、

週明けまでかかるそうです。

 

息子は、この一年を、どんなふうに振り返るかな?

行きたい大学に入学できて、希望していた学問に触れて、

やりたかったサークルで楽しく活動して、

好きなアイドルのコンサートに行って。

…たぶん、そんなに悪い一年ではなかったのでは、

と思います。

 

長いようで短い、大学四年間。

夫や私が後悔していることを、後悔しないように、

悔いのない大学生活を送ってもらいたいです。

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

| 子どもの勉強 | 11:34 | comments(0) | - |
◆去年の今頃は…受験生、がんばれー!

三連休の中日、良い天気だったので、

初詣に出かけてきました。

 

お詣りしたのは、一畑薬師様。

目の薬師様なのですが、いつもと変わらず?

世界平和をお祈りしてきました。

 

そして、楽しみなのは御朱印^^

ここは何種類かパターンがあるのですが、

一番オーソドックスなのにしてもらいました^^

…よく分からなかったので…^^;;

 

お詣りのあとは、こちらのオリジナルの?番茶と、お香を購入^^

お守りは…夫に相談したら、「たくさんあるからいい」って^^;;;

たしかに、私は神社やお寺にお詣りするたびに

頂いて帰るので…;;

 

それでなくても、昨年は息子の受験があったので、

夫は出張さきの東京で湯島天神まで出かけてくれたり、

仲良しの友だちから、吉備津神社のだるまさんをいただいたり、

神棚の前が、とっても賑やかになりました^^

 

そして、その神棚も、最近お掃除していない…

年末にやろうと思って、お札置場とか、買ったのに><;

ほんとに、無言無実行はいけませんね…。

 

帰ってからはゆっくりと、DVDなど見てそのまま昼寝。

…なんと優雅なんでしょう。

夕方は、こうして、夫は作曲、私はブログを書きつつ、

読書しつつ…夕食準備とほかの家事。

 

息子ブログなのに、離れているので、こうして

ネタの無い日が、今年も多くなりそうです^^

もうすぐ一年生も終わり。

息子にとっても、私たちにとっても、

あっという間の一年でした。

 

今年は、息子のところも含めて、もう少し、

旅行をしたいな、と思います。

もしかしたら、そんなに自由に動ける日も

私が思っているほど残っていないのかもしれないし…

不吉なようだけど、先のことは誰にもわかりません。

 

親たちのことはもちろん、自分たちの始末も、

いつでもOKなように、日々準備しておく必要があることを

強く思ったお正月でした。

 

もちろん、やりたいこと、楽しいことも、

いつかは…ではなく、思いついたときに、

なるべく早く、やっておいたほうがいいですね。

後悔しないためにも。

 

実母や義母の家を見て、ゴミ屋敷…と思っても、

自分だって、その予備軍だということは

使わない部屋が物置化していることに現れています。

 

親とはいえ、他人のことをとやかく言う前に、

まずは自分のことをきちんとしなければ、と思った次第。

なにごともまずは、自分から。

 

よいこと・楽しいことも、努力がいることも。

さあ、あと休日は一日!

…まずは楽しむぞ!

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

| 子どもの勉強 | 15:32 | comments(0) | - |
★再び…「天声人語」〜親子でトライ@@;
考えてみれば…早いもので、受験まで3か月を切っています…ーー;
全然実感できませんが、返ってくる成績は、
しっかり実感させてくれるような、危機感にあふれたものに
なってきました〜><;

特に、国語の悪さは…あんだけ本読んであげたのに…
そして、私の唯一の得意科目なのに…何の仕返し?
と思うぐらい、下がってきました…><;
ときどき、奇跡のように、よいときもあるけれど、
それはあきらかにヤマが当たったときに限る^^;

ほかの科目はとやかくいいません。
だって教えられないから…
まあ、理科社会は本人の努力次第。
数学は私に似ず、そこそこできる。
英語は他力本願。
となると、やっぱり私が手伝えるのは
国語のみ…今やらずに、いつやるの?!

というわけで、夏休みにやっていた、
「天声人語」の再開です^^
今回は親子で挑戦してみました。
息子は「やりたきゃやれば」というモード。
まあ、いいけど…↓



同じ日の「天声人語」を、よーいどん!で
書き写して、わからない言葉を辞書で調べて、
タイトルをつけ、要約・感想を書いてできあがり♪

時間をはかってみると、書き写すだけで、
私は16分、息子は23分かかりました^^;
別に競争するわけでも、速ければよいってもんでも
ありませんが、集中してやることが大事なので、
休まずに、一気に書き写し。

そして、できれば書きながら、分からない言葉を
ピックアップしたり、筆者が一番言いたいことは
何かを考えたり、タイトルの候補となる、
キーワードを探したり…。

手を動かしながら、このように二重に頭を動かすことが
大切だと思うのですね…。
試験での長文読解も基本は同じで、漫然と読んでいたら
いくら時間があっても足りないんですね^^;

これはセンス、というより訓練だと思う。
そういう訓練が苦になる、苦にならないの
差はあるものの、日本語を母語として育った人なら、
大部分、大差なくつく力だと思います。

ただ、やらなきゃ、のびませんね…。
とくに文章を読むのが苦になる人は。。。
でも、最初は苦痛でも、人間には
「慣れ」というありがたい能力もある^^
ぶつぶつ言いながらも、第一回、終わりました↓



私も久々に頭を使った感じ。
あとで夫に見てもらったら、意外と
息子の要約やタイトルの出来の方が良かったみたい^^;
たしかに素直に書けていました。
私のには誤字もあったし…ヤバイヤバイ^^;;

30分あれば、毎日できること。
考えずに、食事のように自然に取り組めれば。
今日もやれたら…いいな…
やろう!


JUGEMテーマ:学問・学校
| 子どもの勉強 | 15:49 | comments(0) | - |
★受験生?地方の中3生の実態…><;?
夏休みまっただなか…昨日マンションのエレベーターで
偶然会った同世代の方と、思わず、

「夏休みうんざりですよね〜」

なんて、愚痴りあってしまった…><;
ほんとに、朝昼晩…ごはんばっかり作ってる感じ。
いつもは一人の時間に息子が居ることは、
楽しい面もあるけれど、彼のぐうたらぶりを
一日まともに目にし続けることでもあり…><;

世の中の受験生はもっと、
塾とか行って、がんばってるんだろうけど…。
わが息子は午前中、2〜3時間、
ちょっとがんばったら、
午後はサッカー部やクラスの友だちと
サッカーしたり、ゲームしたり…。

夜もけっこうのんびりで、
1〜2時間しか勉強してないかな…。
先日さすがにお尻をたたいて、
勉強の目標と計画を確認したけれど、
それも最低限の宿題やら課題のみ。。。

学校から出されている宿題は
自由研究以外は目途がついたようだから、
それで余裕かましているんでしょうね…。

今日は朝から歯科につれてったら、
虫歯も無し…たいしてケアしてるようには見えないが…。
親としては嬉しいんだけど、
また天狗になっていた^^;

でも、歯科の先生から
「受験がんばってね!」と
軽くジャブされていたけれど。

これは親がまた蹴り入れないとダメかな?
とりあえず、今日はチャレンジの予定をチェック。
塾に行ってないんで、これくらいしなきゃね!

…で、何時になったら帰ってくるんだろう…><;
夏休みはまだまだ続く。。。


JUGEMテーマ:学問・学校


 
| 子どもの勉強 | 17:46 | comments(0) | - |
★中学生の勉強法〜『やる気も成績も必ず上がる家庭勉強法』齋藤孝
中学生活の正念場、一学期の期末テストが
近づいてきました><;

息子の場合、もともとの性格はマイペース、
あまり神経質なほうではありませんが、
今まで英語(ラボ)が忙しかったせいか、
中2の終わりまでは、定期テストの時期はいつも
機嫌の悪い日々がしばらく続いていました…;;

それでも、機嫌が悪いながらも、
いつもなんとかがんばっていて、成績もソコソコな感じでした…。

そして中3になって英語が一区切りして、さあ勉強!
…というときになって、今まで忙しさを言い訳にしてきたのが
言い訳の種がなくなって、逃げ場がなくなったせいか、
今度は別のしんどさを感じるようになったみたい。
難しいですね。。。^^;

息子の悩みは、一言でいえば、
自分ではがんばっているんだけど、
思っているような点数が取れない、順位が上がらない、
イメージ通りにいかないもどかしさ…というところでしょうか。

親としてもなんとか手助けしたいのですが、
悲しいかな、すでに勉強の内容にはついていけず、
勉強方法に関しても、よいアドバイスができずに、
悩んでいました。

そこで、何かよい方法はないか…といつものように
本だのみ^^;↓
 
 

やる気も成績も必ず上がる家庭勉強法 (ちくま文庫)

NHKの教育番組の監修などもされている、
齋藤孝先生の、家庭学習に関する提言集です。

特に、家庭で親が子どもに対して
勉強に関してできることを具体的な方法をあげながら
提案されているので、まさに、私の求めていた本でした!

まず何と言っても、「勉強はするべき」という
スタンスを親子できっちり共有することが必要、
という点に納得。

齋藤先生いわく、親が勉強を軽視していては、
子どもが勉強するはずがない、と。

勉強は、自分がよりよく幸せにいきるための手段、
というだけではなく、自分の周りの人に役立ち、
社会のために貢献するために必要なこと、
そのことを親としてしっかり子どもに伝えることが大切。

たしかに! 
そして目的をしっかり共有したあとは、
では、どのように子どもの勉強をバックアップしたらいいのか、
という方法論。

子どものやる気をアップさせ、やる気のスイッチを入れ、
勉強のペースがつかめるように手助けする…。
具体的言葉のかけ方、勉強方法の提案、
そして勉強する際のパートナーとしての方法、
…ほんとうにきめ細かくノウハウが提案されています。

さらに、男の子と女の子の勉強法の違い、
はては勉強机の選び方、塾を選ぶポイント、
ゲームや遊びとの付き合い方、などなど、
子どもを持つ多くの親が頭を悩ませる
勉強に関するいろいろな問題が
一つ一つ丁寧に、取り上げられ、その解決のヒントが
示されています。

この中に書いてあることで心あたりが一つでもあって、
その部分から変えていくことができれば、
あらたな展望がひらけるような気がします。

個人的には…
わが子は国語が苦手なので、
まずは漢字をきっちりやることで自信をつけてあげたい、
と思いました^^

子どもの勉強について書かれた本ですが、
実は大人にとっても、勉強は一生続くものかもしれない、
と思いました。
親がいつまでも学び続けることで幸せになっていれば、
その姿を見て、子どもも「勉強っていいな、大切だな」
と思ってくれるかもしれませんね。

…がんばりましょう。あきらめずに^^



JUGEMテーマ:学問・学校
 
| 子どもの勉強 | 17:40 | comments(0) | - |
★国語力アップのための〜『天声人語』書き写し
バレンタインも一段落?で、浮かれてるヒマもなく試験勉強へ突入!
学期明けの学力テストの結果は、努力した分、
点数、順位とも手ごたえがあったみたいだけど、
それはそれとして、いよいよ学年末の期末試験。
中2の総まとめ&いよいよ受験体制への第一歩、です。

まあ、息子がそう位置づけているかどうかは?ですが…。

ところで、このところ、気がつけば、
国語の成績が芳しくないので、なんとかならないか、
と思っていました。

先日、先輩のママにたずねたら、
新聞のコラムを書き写したらいいよ、というのを聞いて、
さっそく朝日新聞の『天声人語』の
書き写しノートなるものを、買ってきました^^↓



これは、朝日新聞のコラム『天声人語』を書き写すことで、
質の高い文章に、自然な言葉の流れのなかで触れて、
言葉に対する感性を身につけようというもの…。

ただ単に書き写すだけで、言葉に対する感性なんて
身につくの〜? とも思ったのですが、
実際に頁を開いてみると、なるほど!↓



ただ機械的に書き写すだけでなく、全文を読んでタイトルを考えたり、
分からない言葉を書き出して、調べたり(5つの言葉分)、
要約や感想を書き記したり、
自然と文章をよく読むように工夫がされています。

『天声人語』は全体の文章量が600字ほどで、
6つの段落から成っているので、
文章の起承転結や論理の流れなどのコツも
つかめるのではないかと思います。

これを毎日行えば、さぞかし…と思うのですが、
息子はまだ一回しか試みていません><;

今は試験中で、それどころではないようで…。
毎日できるくらいに習慣になればよいのですが。
来週末くらいまでは、無理なようですね;;

わが家は朝日新聞を購読していないので、
毎週末、義母の買い物に付き合う夫が、
義母宅から一週間分をいただいてきます^^;

それがもう、2ヵ月分くらいたまっていて…><;
私の切り抜きも習慣にしなくてはね。

…継続は力なり、です…
効果のほどはいかに?!



JUGEMテーマ:学問・学校
 
| 子どもの勉強 | 17:32 | comments(1) | - |
★成績やや下降気味〜読書の秋^^
今日は部活の中休みで早く帰ってきたユウキ。
今は「チャレンジ」の付録見ながらベッドで寝転がって
ポテチ食べてます〜><;

せっかく早く帰ってきたのに…とは思わないでおこう…。
気が向けば勉強するだろうし…でも気が向かなかったら?!
気が向くことを願ってます、母は…。

ところで、昨日久々にユウキが読書をする姿を見ました@@;
しかも、今まで読んでいたのような、物語系ではなく、
実用書…。父親から勧められた、思考力を鍛える本らしい。

う〜ん…実用書が悪いとは言わないけれど、
なんか楽して得とれ、みたいな感じがしないでもない。
でも、何も読まないよりましかな…かなり気弱。

家にはけっこう本もたくさんあるのに(ほとんど親の趣味だけど…)
そして、小さい頃は、寝る前にたくさん絵本も読んだのに、
こんなに読書をしなくなるとは、思ってもみませんでした><;

思い起こせば、小学校高学年くらい、ちょうど、
引っ越してきてから、学校とサッカーと英語が忙しくなり、
中学校に入ってからも、その三本柱の忙しさで、
どうしても読書する機会が減ってきてしまったのだね…。

私も、この三本柱が忙しすぎて、他のことを提案する余裕もなく、
家の手伝いを通して身につける生活スキルに関しても、
これ以上負荷をかけたらかわいそうかな…と、
ついつい遠慮してしまったところもありました。

これからは、まずは自分の生活を自分で管理することを
一から一つずつ教えていったほうがよいかな、と思っています。
ほんと、遅まきながら…。

すごくハードルの低いところから始めなければいけないのが、
ちょっと恥ずかしいのだけれど…、
まずは、朝一人で起きることからかな。。。
そのためにはよい時間には寝なければね!
今夜から取り組もう。


それが難しい。。。



JUGEMテーマ:学問・学校


 
| 子どもの勉強 | 16:49 | comments(0) | - |
★初めての定期テスト〜中間テスト勉強!
中学生になって、早2ヶ月、
初めての定期テストがありました。
5月の終わりの中間テストです。

春休み、遊びほうけていたので、
勉強の習慣がつくはずもなく、
テスト勉強はかなりの難航が予想されたのですが…。

学校で、2週間〜10日前に、
試験までの勉強スケジュールを自分で立てるという
指導があり、自分なりに計画を立てた様子でした。

それにしたがって、ユウキにしては、
かなりがんばって勉強した様子。。。↓



まあ、にわか仕込みは否めないので、
これがどれだけ通用するのか、
自分でたしかめて、自分で反省するしかないのでしょうね^^;

部活や習い事、そして友だちとの遊びの時間など、
削れない・譲れない時間がたくさんあるので、
中学生はとても忙しい。。。

がんばってはほしいけれど、無理して心身の調子を
崩すのもよくないし…。

今までは親がコントロールしようとしていたけれど、
ぐっとがまんして、子どもの自主性にまかせよう、
と自戒しているところです。

どうか、身体も、心も壊さないように…
見守るのもなかなか心が痛い日々が続きそうです。


JUGEMテーマ:学問・学校
 
| 子どもの勉強 | 09:21 | comments(0) | - |
◆永遠の課題…宿題と明日の準備
昨日から6時間授業で、いきなり帰宅が5時すぎになった息子。
まだ宿題もそんなに多くなく、ピアノも夕方(というか夜)
7時からなので、練習をして宿題に手をつけても、
まだ余裕で夕方の時間をのんびり楽しんでいました。

その、のんびりのすごし方というのが…
TVゲームとその攻略本の読書(…とはいいませんね><;)。
かれこれ小1時間の時間を費やしているのです@@;
この時間があるのなら、宿題を全部終わらせて、
明日の準備でもすればいいのに〜と思うのが親の気持ち。

私だって、食後に新聞を読んだり、TVドラマを見たりして、
ぼ〜っとした時間をすごすこともあるので、
大きな口はたたけませんが、息子が後で苦労することを思うと、
つい、「先にやったら?」といいたくなるのです。

でも、ここで言っては、ダメなんですね><;
結局、親が先回りしているだけで、子どもは何にも学ばないから。
やっぱり、子どもも、本当に身にしみなければ、
理解しないし、適切な行動に結びつかないのですね。。。

とはいえ…わが息子、大概のことは

「ま、いっか…!」

で済ませる「まいっか星人」(と呼んでいます)。
そして。。。

「なんとかなる!」

と楽天的な「なんとか星人」でもあります。
そして、今までのところ、このスタンス?で、
どうやらこうやら生きてきたみたいなので、
ほんとうに痛い目にあってないように思います。

痛い目を待って、自己教育してもらうか、
それとも、親が根性たたきなおすか。。。

たたきなおすにしても、たたいた棒が折れてるのが現状で、
どうやってたたきなおしたらいいか、私にもわからないのです><;

これも、もしかして。。。親が自分でも出来ていないことだから???
まず自分を見つめなおしたほうがよいかしら><


JUGEMテーマ:学問・学校
 
| 子どもの勉強 | 09:12 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>