CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
★部活の試合と旧友との再会♪
昨日は久々に息子のサッカーの試合を見に行きました^^

ほんと、ほぼ一年ぶりに、部活で動いているユウキの姿を見た…。
サッカーのリーグ戦で、送迎が必要な市外の中学校へ出かけたので、
送ってしばらく買い物に出かけた後、
迎えを兼ねてしばし試合を観戦してきました^^

今日は、以前引越し前に住んでいた町のサッカーチームで
一緒だった仲間が、進学した中学校との対戦だったので、
久々に旧友と再会できるということで、
ユウキも楽しみにしていました^^

朝、その旧友のママからメールが入り、
「両校とも応援してね♪」と…。
やっぱり嬉しかった〜!
もう4年も経つので、子供同士の年賀状のやりとりしか
していないのですが、それでも思い出して、
声をかけてくれるなんて、ありがたいことです><;

今の中学校は入学からいるのですが、
いろんな中学から集まっていることや、
試合があまりないので親も見に行かないこともあって、
チームメイトの親御さんにもあまり知り合いもありません^^;

だから、夫と二人、片隅で見ていよう、と思っていたら、
なんと! 以前の学校の保護者の方…
Sくんパパが見に来られていて、久々の再会に感動♪
一緒に観戦できてよかった〜^^♪

試合の結果は0対0の引き分け。。。
なんだか「よかった…」とほっとしました。
終わった後、私も息子の懐かしい友だちとしばしお話。
みんなすっかり大きくなってしまって、
嬉しいような、淋しいような。

このブログを始めた小学生低学年のころを思い出して、
すっかり大きくなった旧友の姿に、
年月の経つ早さと、もう二度と戻らない季節を思って、
ちょっと感慨深い一日でした。

帰ってから、旧ママ友へ、また報告のメール。
「また会おうね!」と約束して…^^

長いようで、本当に短い子育ての日々を、
あらためて大切にしたいと思いました^^



JUGEMテーマ:学問・学校
 
| 子どもの運動 | 09:24 | comments(0) | - |
◆子どもの活動への関わり方
先週の土日、6年生になって初めてのサッカー合宿&試合がありました。
私も息子たちに帯同して参加したのですが…やっぱり疲れました><;
子どもたちもめいっぱい、身体も頭も心もはたらかせたので、
疲れたとは思うのですが。

サッカーにかぎらず、学校の活動も含めて、
子どもたちの活動に関わる親のあり方には違いがあることも多く、
意見や気持ちがすれ違うことも少なからずあります。
そしていつもそれをうめる努力をしながらの活動になります。

でも、今回思ったのは。。。そういう努力には限界があるということ。
というか、努力の方向性として正しくないのではないかと感じました。

今まで私は、子どもの活動には「関わる」ほうが正しくて、
「関わらない」ほうはあまりよくないな、漠然と感じていたのですが、
「関わる」理由も「関わらない」理由も、親によってそれぞれで、
「関わる」親もその「関わる」本当の理由や、「関わり方」によっては、
正しくない場合もありうるのだということを身をもって思いました。

さらに「関わらない」ことも、ときには必要な場合もあることや、
関わりたくても「関われない」場合もあるのだということも、
理解しなくてはいけない、とも思いました。

大切なのは「自分が」どうするのかということ。
そしてその自分自身の決定は、人にそのあり方・やり方を
押し付けることではなくて、あくまでも自分でやりぬくこと。

人にはそれぞれその時々の事情やキャパシティの差があるので、
その違いを安易にその人の評価に結び付けないこと。
ただし道義にもとることは筋道を通さなくてはいけないけれど。。。

子育てのすべてにおいて、大切な局面にさしかかっているな、
と感じる今日このごろです^^



↑おととしの夏の旅行。高知の植物園にて。
 イランイランの木といっしょに。



JUGEMテーマ:育児

 
| 子どもの運動 | 10:31 | comments(0) | - |
◆道具を大切にすることは基本ですね^^
5年生も終わりに近づき、サッカーもそろそろ
トップチームの体制に入ってきました。
というのは、ちょっと疑問で…あいかわらずマイペースな息子は
「トップチーム」という自覚がイマイチありません。
試合に負けても悔しがりもせず、そのくせアフターサッカーの約束は
しっかりとして帰る毎日です^^;

ただ一つだけ変わったことといえば…
練習の後、サッカーシューズの手入れを
必ずするようになったということです。

左の写真のサッカーシューズは、
3年生の終わりから使ったていたもので、
最近きつくなってきたのと、
内側の部分が破れてきたので
とうとうお蔵入りになったものです。

今使っているのは、ナイキの赤と黒の合皮で、あのトゥーリオタイプのデザインのものです。
チームでもらった背番号が「4」の息子は
同じディフェンダーということもあって、
新しい靴をなめるように(笑)大切にしています。

ドロを落として、ワックスを塗って磨いて…の繰り返し。
そんなに面白い作業ではないと思うのですが、
一度も欠かさずやっています。
道具を大切にするということは、上達の第一歩?!
とも思ったり。

これでもう少しやる気になってくれないかな…
とつい期待してしまいます。
明日は久々の公式戦。
どんな様子なのか、楽しみです。


 JUGEMテーマ:スポーツ

| 子どもの運動 | 14:14 | comments(0) | - |
◆サッカーの練習&ミーティング
昨日は新型インフルエンザの影響で、
サッカーの全体練習が中止になったので、
ユウキは午後から5年生だけでの自主練習に参加。

金曜日にキャプテンのOくんが電話で、
土日に自主練しよう〜とさそってくれていたので、
今回はさすがにユウキもやる気になって、
参加する気になったようでした。

なぜか旦那も参加して、2時間余り、
コーチ(Oくんのお父さん)と5年生4人の参加で
汗を流した様子でした。

その後、Oくん宅でコーチと子どもたちで
先日の練習試合のビデオを見て反省会。
私もおじゃましていっしょに見たのですが、
やっぱりコーチの話を聞きながら見ると、
ただ漫然と見ていたのとは全く違った試合に見えました。

子どもたちも、それぞれに自分の欠点を指摘されて、
少し恥ずかしそうだったものの、素直に受け止めて、
みんなでお互いのプレーを批評しあっていました。

今まで試合をビデオに撮ったことがなかったようで、
(それもちょっと意外でしたが…)
わが家の思い出用ビデオが役立ってよかったなー
と思った次第。

やっぱり、めんどうでも、いっしょの時間をすごして、
お互い言いたいことを言わないと、
信頼関係なんて、そう簡単に築いていけないですね。
子どもも大人も。。。

次回はもっと工夫して撮ろう!
疲れたけれど、有意義な休日の一日でした。


JUGEMテーマ:育児
 
| 子どもの運動 | 09:05 | comments(0) | - |
◆子どもの心の成長〜サッカー編
昨日はまた、いろいろ考えさせられた一日だった。

新型インフルエンザの関係で、予定していたサッカーの試合がなくなって、
のんびりとした週末の朝をすごしていたら、サッカーの友だちのお母さんから、

「小学校で自主練してるから来ない?」

とありがたいお誘いメール。
さっそくまだパジャマのユウキを追い立てて、
準備をして送り出した次第。

ささ、また親だけで休日の朝ののんびりのやりなおし…
と思っていたら、いきなり「ピンポ〜ン」!
そう、息子が帰ってきたのです。

聞いてみると「気分が悪い」とのこと!
てっきり新型インフルエンザにでもなったのか!と驚いて、
熱は?気持ち悪い?と問いただすと、

「身体はなんともないけど、練習する気持ちになれない」

とのこと。。。
最初は「???」だったのですが、
少しずつ聞いてみると、どうも、自分より上手な人ばかりで、
気後れして帰ってきてしまったみたい。

なんだかなさけなくなって、
そんなことでどうする!とついキツイ口調で叱ってしまいました。
そしたらやっぱり。。。><;。。。泣いてしまいました。。。

自分の子どものことはよくわかっていると思いがちですが、
やっぱり人の気持ちというものは、わが子ながらわからないものです。

マイペースであまり周りのことを気にするタイプではないユウキでも、
人と比べて自分が劣っていると分かっていることを、
あえて実行するのには勇気のいることであり、
ユウキ自身、その場に立ってみて初めて、
今の自分の状況と、自分の正直な気持ちに気づいて愕然としたのかもしれません。

今回の場合は、すでに「行く」と返事をしてみんなを待たせていることもあり、
何らかの説明をしなければいけません。
お母さんが言おうか?と言えば、「やだ」、
じゃあ、自分で言う?と言えば「無理」。。。
布団の中で泣くこと数十分。

困っていると、誘ってくれたお母さんが心配して電話をくれて、
結局、親子で行って遅れた理由とユウキの本当の気持ちを伝えることに。
私からは友だちのお母さんと今日来てくれていたコーチに
事情を説明して、お詫びをしたのですが、
ユウキは待ってくれていたチームの友だちに遅れたお詫びしかしていない様子。

なかなか、自分の気持ちを伝えるのって難しいですね。。。
まあ、子どもたちは何事もなかったかのように、
その後昼までサッカーの練習&遊び。
まさに案ずるより…なのですが。

やっぱり今日のことは、本人にもしっかりと受け止めてほしいし、
コーチや友だちに自分の気持ちをしっかりと伝えることも
きちんとやってほしい。

…と思っていたら、夕方めずらしく机に向かうユウキの姿。
今日のことをサッカーノートに書いて、反省していました。
これはコーチや監督に定期的に見てもらうノートなのですが、
友だちにも見せたほうがよいかも。

みんなには簡単なことでも自分には難しい、
でもそれで逃げていてはいけない。
好きなサッカーなので、これからは逃げずに挑戦する、
というようなことが書いてありました。↓



今日、また一つ、自分の壁と向き合って、
泣いてしまったけれど、なんとか乗り越えた感じです。
これからまた、何度も、何度も、
サッカーに限らず、自分の無力さに愕然とする日が
くるのかもしれないけれど、

その時はきっと、今日のユウキよりも
勇気をもって、がんばれる気がします。
親バカ(orバカ親)の私は、その度にまたキーキー言うだけなんだろうけど。

 
JUGEMテーマ:育児
| 子どもの運動 | 09:40 | comments(0) | - |
★5年生サッカーはじめての公式戦!!
ひさかたぶりの日記です。
この間にもいろいろあったのですが、
先週の日曜日に、息子が新しいサッカーチームで
デビュー戦があったので、そのときのショットを一枚^^

これは、2戦終えて、ほっと一息、
クラブのみんなとテントで憩っている
ときの一枚です。

だいじょ〜ぶ!
シュッシュッッシュシュシュ、
と、ミラクルバナナ?が始まり、
試合中とはうってかわって?
テンションの高いドリームスです^^;

で、試合のほうは、予選リーグ2位で
2位リーグでは、1勝1敗でした。(総合順位不明…)

暑い一日でしたが、最後までがんばって走り、
友だちと楽しく笑った一日でした。

が、ユウキはやっぱり自分のプレーでたくさん反省点があったようで、
疲れたのといっしょになって、帰り道では少し不機嫌でしたが…。

そして引越し前に一緒のチームだった、一学年下の友だちにも会えて、
嬉しいこともあったのですが、それだけにやはり胸中複雑なようでした。

子どもながらに、自分のこと、自分の周りのことを思い、
心を揺らせているのだなーと。
多分、私たち親には、自分の気持ちなんて分からないだろうな、
と思っているのでしょうね。

たしかに、分からないかもしれないけれど、
その背中はずっと見守っているよ、
ということだけを感じてほしいのです。


JUGEMテーマ:スポーツ
| 子どもの運動 | 06:26 | comments(0) | - |
★子ども自身が決めること
昨日は夕方サッカーの鍵当番で、
小学校へ出かけ、息子のサッカー練習を久々に見ることに。

最初はまだコーチが(仕事のため)来られないので、
6年生のキャプテンが指示を出して、走りこみ。
これがなかなか大変で、ペナルティもあり、
ユウキもかなり苦戦していました。

そのうち、「頭がいたい…」と少し休憩。
私も心配だったので、今日はもう見学する?と聞いたら、
「そんなこと、だめでしょ!」とすぐに復帰。根性を見せていた@@;
次はまたリフティング、となかなか基本に忠実な練習内容。
こちらもユウキは苦戦><;

途中で雨が降ったりしたけれど、2時間の練習も無事終了。
学年の役員のママさんからメールがあって、
夏休み中の1泊のサッカー試合の出欠はどうするかと。

以前私がたしかめたときは、息子は参加すると言っていたので、
深く考えずに、出席の返事をしたところ…
帰宅して「返事しといたよ」と息子に言うと、

案の定、怒られてしまいました><
なんで、僕に相談もなしに返事をするのか、と!
あ〜またまた、キターッと思いました。

それで返事は、というと

「欠席したい」

と!!!

も〜また反抗?!とうんざり。
でも、理由を聞いて納得、でした。

理由その一。
「5,6年生のなかで試合に出る自信がない。
 まだ、自分はそのレベルではないので、出たくない」

理由その二。
「夏休みは、その前の週にラボ(英語)のキャンプもあり、
 家族で旅行にも行きたいし、転校前の友だちにも会いたい。
 それでサッカーの遠征に行ったら、時間もなくなるし、
 体力的にも自信がない」

ん〜モットモでございます!!
すぐに、欠席に変更の電話を入れました。

やっぱりこれからは何事も、息子のことは息子のこと。
彼にまず第一の決定権があるのだから、
勝手なことはできないなーと反省。

またまた、親の出る幕はなくなったんだな、
と思い知らされました。シクシク。。。

この夏は、こんな調子で、
ますます息子の親離れがすすむ、
「独り立ち」の夏になりそうです。



JUGEMテーマ:育児
 
| 子どもの運動 | 20:46 | comments(0) | - |
★サッカー、再開しました♪
今日も薄曇りの休日です。
肌寒くてお出かけにはいま一つかもしれませんが、
スポーツをするには、これくらいの天気のほうが
暑くなくてよいのかもしれませんね♪

ユウキも、転校以来お休みしていたサッカーを
再開することに決めました!
どのチームでも5年生まで続けている子は、
サッカーがほんとうに好きか、それなりに上手い子だと思うのですが、
親から見てユウキは、そのどちらにもあてはまらないような…。

でも、サッカーを続けるか、やめるのかはユウキが決めること。
親としてはできれば息子のサッカーをする姿をまた見たいのですが…。
4月に練習の見学に出かけ、5月にチームの試合を見に行き、
雰囲気としてはユウキに合ったチームのように見えました。

でも、子どもといえども新しいチームに入るのは勇気のいること。
ユウキもなかなか決めかねているようでした。
ところが、5月の終わりになって、突然「入る!」と決めて、
自分から練習に出かけていきました。

どうも、学校で複数の友だちから「入りなよ!」と誘ってもらった様子。
やっぱり友だちの存在が大きいのですね。

私が「初めてだから、ついていったほうがいい?」と聞くと、「なんで?」と言って一人で自転車で出かけて行きました。帰りも一人。

入会申込書などもしっかりもらってきていたので、成長したなぁーとしばし感慨にひたったのでした。今後試合などもあって、もちろん能力別のチーム分けにもなるので、ユウキはどんな気持ちでサッカーに取り組んでいくのかな、続くかな、と親としての心配も若干はあります。

でも、変な話、うまくいかないことが多いほうが、たくさん学べるのではないかとも思います。
今の親は、私ももちろんそうなのですが、子どもの得意なことを
ピンポイントで無駄なく習わせる傾向が強いように思います。
でも、子どものときこそ、苦手なことに取り組んで、
いっぱい失敗して、でも楽しかったね!という経験をつんだほうが
よいように思うのです。

…ということを書いていたら、さっそく失敗して帰ってきました^^
ピステとレガースをしっかり学校に忘れて帰ってきたのです。
私が、あらあらと思っている間に、本人、「行ってきま〜す!」
と玄関で回れ右して、取りに戻っていきました。

ま、失敗も挽回の方法を知るよい機会と思って、
今回は何もいわないでおきましょう^^;

JUGEMテーマ:スポーツ


| 子どもの運動 | 13:07 | comments(0) | - |
★代表になった! 陸上大会♪
また久々の日記です(^^;)
それも先月の出来事の覚え書き…。
最近、子どものことについて、印象深いことがかなりあるのですが、
記録がそれに追いつかず、もったいないことをしています。

今日は久々に、家族全員何もない日曜日。
父子はキャッチボール、私は昼寝、となんとも優雅な休日の午後を
すごしました(><)
で、少し日記も書いておこうと思った次第。

5月に、市の小学生陸上大会がありました。
この日記でも書いてきたように?ユウキはいわゆる運動神経が、
あまりよくありません悲しい
それはユウキのせいではなく、やっぱりもとをただせば親のせい、
なのですが、ついつい「まったくもう…」と思ってしまうバカ親です(;;)

それでもユウキは感心なことに!卑屈にならず、
運動嫌いにもならず、1年生で始めたサッカーも、
週に2度ですが、ほとんど欠かさず練習に通っています。
また別に書こうと思っているのですが、
4年生になって、サッカーもいよいよ能力別のチーム編成となり、
上手な子はどんどん、5、6年生にまじって大きな大会に出かけています。
もちろん、ユウキは留守番組。
4年生だけの大会でも、堂々のBチームです(^^;)

親としても不憫なこともあって、
「ま、体力づくり、友だちづくりになっているからいいか…」
と、ユウキが嫌がっているわけではないので、
心穏やかではないのですが、見守り続けてきたのでした。

ところが?!そんなバカ親な私の常識を破るできごとが!

4年生になって、陸上大会があるということで、
4月早々から放課後の練習がほぼ毎日始まりました。
ユウキも「疲れた〜」といいながら、
毎日がんばって練習に参加していました。

この大会も学校単位での参加とはいいながら、
やはり各種目で代表を選び、それ以外の子どもたちは、
「オープン参加」という形で、一本だけ走る100m走にみんなで参加します。
ユウキも当然勝ち負けのつかない「オープン参加」になるのだから、
こんなに毎日厳しい練習に参加しなくても…と思っていたのです。

ところが…! 学校から帰ってきたユウキが、
「ほら、ぼく学級代表のリレー選手に選ばれた!」と、
いうではありませんか!?
見ると、学年通信という月一回発行されるお便りに、
陸上選手の一覧があって、そこにユウキの名前もありました。

はっきり言って、嬉しいというより、意外でした。
ユウキも、自分でも驚いたらしく、周りの友だちも、
よかったね、と喜んでくれながらも、ユウキが選ばれたことに
驚きを隠せない様子だったとか。
中には、ユウキが選ばれて自分が選ばれなかったことに対して、
納得できない子もいたとのことびっくり

私も最初は「温情か…?」と思ったのですが、
ユウキによると、きちんとタイムを計って速い順に選んだそうです。
本人は、初めての経験だったので、選ばれたことそれ自体には驚いたけれど、
親を含めた周りほど意外ではなかったよう。
というのも、1週間で何秒もタイムが縮まって、
どんどん速いチームで走るようになったそうです。
それで、自分より速い人と走ると、ますます速くなったようなのです。

要するに、伸び率ではトップクラスだったようで、
実績はゼロに近くても、最終的なタイムで選ばれたということ。
ユニホームとゼッケンも配布されて、
喜びバクハツのユウキです。↓



さて本番は、市全体の中で6位という成績もまたビックリ(@@)
8位までが入賞なので、なんと、賞状をもらって帰ってきました!
上を見ればきりがないのだけれど、ユウキにしては最上の結果だった様子。

子育てはいつもマイナス方向の意外な事件が起こるのだけれど、
たまに、こんなふうに、プラスの方向で、
親の思惑を裏切ってくれる出来事があるのですね!

運動オンチのユウキ、というレッテルは、
私が勝手に、自分を納得させようとして貼ったもの。
ユウキは軽々と、そんなレッテルを自分の力で超えていきました。
子どもは子どもなりに、
「あれは苦手だけど、これは得意。
 苦手だと思っていたけれど、こうやったらできるようになった、
 好きになった。得意になった!」
と日々、大人が思っているより、冷静に、またこつこつと、
自分を見つめて積み上げていっているのだと感じました。

親はあまり細かいことに口出ししたり、批判したりせずに、
そっと喜び、そっと悲しんで、見守っていくしかないのですね!
そして、少し背中を押してあげられる場面があれば、
そうしてあげる。
そんな親になりたいです。

JUGEMテーマ:育児


| 子どもの運動 | 16:12 | comments(0) | - |
★3年生になってはじめてのサッカーの試合♪
★爽やかに晴れた5月の日曜日、
 3年生になって初めてのサッカーの試合がありました♪
 今までの試合を見た限りでは、ボールに戯れる子犬たちのような
 感じだったので、内心、どうだかなーと思っていたのですが…。


朝8時集合で始まった試合、親の心配をよそに、みんな楽しくいきいきとプレーしていてびっくり(@@)

練習はときどき見ていたのですが、ずっと緊張感をもってやっているわけでもないせいか、目立って「うまくなったなー」とは感じていませんでした。

しかし、試合となると別なのか、どの子もその子なりにベストを尽くしているのがはっきりと分かって…感動しました…。

ユウキは例によって、みんなの後をついて行く、
というスタンスに変わりはないものの、
自分の性格や技術を自分なりによく理解しているようで、
成長したな〜と親バカながら思いました…。

「守りだけは誰にもまけない。がんばる!」
と決めているようで、ゴールポストにぶつかりながらも、ゴールを阻止したり、
ボールをとられたら、がんばっていち早く戻ったり、と
自分なりに工夫しているようでした。

結果は2勝1敗とまずまず。
負けた理由もみんなで話し合って理解できたようで、
試合後の子どもたちの顔は、また一段、たくましくなったような。

誰もがサッカー選手になるわけではないけれど、
みんなでがんばったことに、無駄なことなんかないよねー
と嬉しく思った一日でした。

次は夏休み、真夏の試合。
親もスタミナをつけて、また応援がんばろう♪

| 子どもの運動 | 17:41 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>