CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 学校へ行きたくない(T_T) | main | 実家でみんな、何してる? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
時間とのたたかい?
子どもの生活も、私自身の生活も、
毎日が「時間がない」「もっと早く!」
の連続です。

これが、私の望む生活なのかな…
と、あらためて思う今日このごろ。
この問題は、すでに言い古されたことではあるのですが、
私にとっては、まだ克服できていない課題です。

課題といえば、終わりを迎えつつあるライター講座、
時間に追われながらの作業でした。
(今、お世話になったネットショップさんへご報告を
したり、卒業生PRページの自己紹介文を練ったり、と
最後の仕上げをしているところです)

睡眠時間を削る、というほどでもないのですが、
気持ちがそっちにぎゅ〜っと収斂してしまうので、
ほかのことを省みる余裕がほとんどなくなってしまったのです。
つまり、物理的なタイトさ以上に、気持ちのほうが縮こまって
しまって、とてもストレスを感じた時期もありました。

他の受講生の方は、フルタイムの仕事をもっていたり、
小さなお子さんと始終一緒だったりしたので、
私よりも、もっと時間的に厳しかったと思うのですが…

やっぱりこれは私の「弱さ」なのかもしれません。
でも、「他人との比較」という観点で見て「私はダメ」と
言ってしまっては、終わり、ですよね?!

人より時間がかかってしまうのなら、
もっと生活をシンプルにして、無駄なこと、
なくてもよいものを、いさぎよくカットして
最大限、時間をつくるのも一つの方法だし、

私にしか書けない分野を開拓して、
「オンリー・ワン」となって、
一つの仕事にじっくりとりくめる環境を獲得するのも、
可能かもしれません。

「自分らしさ」「自分のほんとう」を見失わずに、
仕事をして、生活を送れる道は、あると思うのです。

「人に言われて」や「人から求められて」
というのも、ありがたいことですが、
そういうときでも、常に、

「自分は何がしたいのか」
「自分のほんとう」

を見失わずにいたいと思います。

そして、それ以上に、
「自分から」心から「やります」と
言って行動できることを増やすこと!

いくつになっても(^_^;)「新しい挑戦!」ですね!
みっともないこともあるけれど…
| 仕事 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 13:46 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kidsdiary.jugem.jp/trackback/63
トラックバック
★┃1┃日┃2┃時┃間┃の┃パ┃ソ┃コ┃ン┃で□■■≪副収入!≫ ボーナスより多い副収入!■□■□■■↓★ 高収入が望めます ★↓  ■■□■
| ●1日 2時間の パソコンで 副収入!!● 【◎大きな夢を達成したい◎】 より | 2006/06/03 12:42 AM |